建築・設計

仙台市若林消防団六郷分団種次部・藤塚部 コミュニティ消防センター(種次津波避難ビル併設)新築

概要
所在地 仙台市若林区種次中屋敷52-3
用途 津波避難ビル
設計年 2015年
構造・規模 鉄骨造/3階建て
延床面積 369㎡
東日本大震災の津波により被害を受けた仙台市東部地域の再生に向けて整備された津波避難ビルです。
内部には消防団コミュニティ消防センターと水防倉庫が併設されています。
消防団コミュニティ消防センターは若林消防団六郷分団藤塚部との共用施設として利用されています。

ページの先頭へ